スポンサードリンク
スポンサードリンク

Googleアドセンスについて

商品の購入やサービスの申し込みが無くても、クリックされるだけで報酬が発生するGoogleアドセンスについて調べてみました。

クリックされただけで報酬がもらえる仕組み

Googleアドセンスとは、Googleが運営している広告サービスの名称です。Googleアドセンスで広告が表示される場所はいろいろありますが、ホームページやブログでも簡単に広告を表示させて報酬を得ることが出来ます。

Googleアドセンスに広告を出したい企業は、Googleに広告料を支払い、Googleがアフィリエイターを募集します。そして、Googleアドセンス広告を表示したサイト(ブログ)で広告がクリックされた時、広告を表示していたサイトの管理者に報酬が支払われる仕組みになっています。

なおきんなおきん

Googleアドセンスの申請さえ済ませておけば、あとは簡単な設定でアフィリエイトをスタートすることが出来るよ。実際になおきんブログにも広告を設置しているので、サイドバー、トップ、記事中、フッターなどを見てみてね!でも、自分で広告をクリックしちゃだめだよ!すぐにバレて退場処分になるぞ!

広告の種類が変化するのはなぜ?

クリックされるだけで報酬が発生するGoogleアドセンスは、初心者向けのアフィリエイトと言えますが、「どんな広告を表示するか?」を、自分で選ぶことは出来ません。それにもかかわらず、表示される広告の種類によって、報酬額が大きく変わります。これは、Googleアドセンスの仕組みが大きく関係しています。

まず、Googleアドセンスに広告を出したい企業は、「広告したい商品に関連した内容のサイトに広告を出してほしい」と思っています。例えば、薄毛治療商品の広告を出したい企業は「薄毛対策を紹介するサイトに広告を出稿したい」と思っています。

スキンケア化粧品の広告を薄毛対策サイトで出稿しても、見ているターゲットが全然狙いと違うので、興味も示しにくいし、クリックされても成果につながりにくいです。(顧客満足度の低下)

そこで、Googleは適切なサイトに適切な広告を表示するために各サイトに設定されている「キーワード」に着目し、どの広告をどのサイトに表示させればよいかを判断しています。実際に、リンクを貼っている「薄毛ラボには、AGA治療の病院などが自然に表示されていますが、それは「薄毛ラボ」ブログ内のキーワードで判断しているのです。

なおきんなおきん

初心者だと、自分のサイトにあった広告を選ぶのは効果などを検証したり、何かとハードルが高い作業なんだけど、それを自動化することで、内容を変更してもそれに合わせた広告を表示させて、アフィリエイターも広告主も効果が出やすくすることによって、Googleも儲かる仕組みになってる!まさに、WIN-WIN-WINやね!

1クリックあたりの報酬額が変化するのはなぜ?

Googleアドセンスが、広告を表示させるサイトを「キーワード」で判断し、適切な広告を表示するという仕組みであることがわかりましたが、この仕組みは、広告を出稿する企業にも当然ですが、知られています。そしてGoogleは「キーワード+表示する時間」という基準で広告を設定し、この設定に一番高額な広告料金を提示した企業の広告を表示するという、入札方式を設定しています。

例えば、「□月△日から3日間、薄毛というキーワードが多いサイトに広告を表示したい」という企業が複数あった場合、もっとも高額なあ料金を提示した企業の広告を優先的に表示します。この仕組みだと、広告を出稿する企業がたくさんある業種の広告は広告料金も高騰しやすくなり、結果的に広告を表示したサイト(ブログ)への報酬額も高額になりやすいと言えますね。

広告を通じて成約できた利益単価が高い業種は、こぞってGoogleアドセンスに広告を出したがるため、結果としてライバルが増え、入札形式でさらに広告出稿料金が高騰して、サイト管理者にはおいしい状況になると言えるでしょう。

なおきんなおきん

だけど、当然ながらサイト側でも競争が起きるから、初心者のうちから高騰しやすいジャンルで勝負するときはかなり気合を入れて記事を書いていかないといけないね!

広告の報酬が高騰しやすいキーワードの分類

高騰理由 キーワード

長期的な収益

生命保険・自動車保険・住宅ローン・クレジットカード・就職・転職・インターネット回線・レンタルサーバーなど

ライバル多数

ダイエット・引っ越し・アルバイト・旅行など

単発だが高単価

脱毛・かつら・レーシック・インプラント・投資・エステ・整形・結婚相談所など

実際の高単価キーワード20個

番号 キーワード

1

保険

2

カード

3

ローン

4

マンション

5

キャッシング

6

転職

7

派遣

8

ハードディスク

9

お見合い

10

融資

11

エステ

12

医療

13

借金

14

美容

15

英語

16

スクール

17

投資

18

就職

19

予備校

20

資格

報酬単価の高い広告を表示させる方法は?

1回クリックされた報酬が数十円という広告が表示されるより、1クリック100円~200円という高額な報酬がもらえた方が効率が良いのは明白です。それでは、どうやって高額報酬が期待できる広告を表示させられるのでしょうか?

まず、企業に高額で入札されているキーワードに狙いを定め、そのキーワードをサイト(ブログ)全体に配置しておくことです。「キャッシング」は高騰しやすいキーワードですので、そのキーワードをブログのタイトルや記事タイトルに含めておきます。さらに、記事の本文にも一定の割合でキーワードが出現するようにしておきましょう。これを「キーワード出現率」と言います。

なおきんなおきん

「キーワード出現率」とは言っても、まずは自然に記事の流れに合わせて出現されてみればいいと思います!

Googleアドセンスの報酬単価の調べ方は?

高額報酬が見込めるキーワードをいくつか紹介します。「Google AdWordsキーワードプランナー」というサービスを使うとキーワード毎の「推奨入札価格」を調べることができ、ある程度クリック報酬の目安を知ることが出来ます。

キャッシングは高額ですね!

逆に日用品は安い・・・

なおきんなおきん

さすがに「キャッシング」は超高額!逆に「日用品」は100分の1なんだ。安いね。。しっかりサイトを作って100倍のキーワードを攻めるべきなのは言うまでもないね!でも、競争も100倍だぞ!

ただひたすらブログを書け!

Googleアドセンスは、ブログの記事に書かれたキーワードや全体の文脈を解析して、そのページに最適な広告を自動で表示してくれます。この手の広告はいくつもありますが、圧倒的にGoogleアドセンスが広告の数が多いので、他社を検討する必要も現在のところ無いでしょう。なので、広告に合わせようとかをそこまで考えなくても自動的に最適な広告を出してくれるので、作り手側はただひたすらブログを書き続ければいいのです!

なおきんなおきん

Googleに感謝!

Googleアドセンスに嫌われないためには?

Googleアドセンスでは、自分で広告をクリックすることを禁じています。さすがに、報酬目的で何度もクリックすることはないと思いますが、注意しましょう。でも、事故るときはありますよね。ページの確認してる時とか。嫌わないでね!Googleさん!

Googleアドセンスで注意すべき点

Googleアドセンスで注意すべき点

自己クリックの禁止
 自分で広告をクリックしたり、ツールを使ってクリックしてはいけない
表示回数の作為的な増加
 手動や他の方法で、不自然に何度も繰り返し広告を表示させてはいけない
クリック誘導の禁止
 「クリックお願い!」と言うような直接クリックに誘導する表現をしてはいけない
広告の掲載数について
 広告ユニットは各ページに、3つまでしか表示してはいけない
 (300×600サイズを使用できるのは1個のみ)
 リンクユニットは各ページに3つまでしか表示できない
 検索ボックスは各ページに2つまでしか表示できない
広告を表示する記事について
 コンテンツを含まないページ(文字がほとんどないページ)に広告を表示してはいけない
 暴力的な内容や誹謗中傷的内容、人種差別的内容の記事やポルノ・アダルトなどの成人向け内容の記事、ギャンブル関連の記事、ビールなどの酒類、タバコ関連製品、処方箋の宣伝・販売、講義内容や論文の販売や配布に関する時期に広告を表示してはいけない

スポンサーリンク