スポンサードリンク
スポンサードリンク

カジノって勝てるの?

どこで出来るの?カジノ?

まず、勝てる勝てないの前に、日本でできるのか?という問題あります。
現状、日本国内ではオフラインでは難しいですね。なにせ、法律が絡んできますからね。

お金を賭けなければ出来ます

オンラインカジノがあるじゃないか?

オンラインカジノなんてどう操作されているか不明でサーバーも海外。
個人特定の恐れがある情報は書き込んではいけないし、いつガサされるか?
びくびくしながらやるべきではないですよね。グレーな世界。パチンコもグレーですが。

賭博罪
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処せられる(刑法185条本文)。
ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは不処罰とされている(刑法185条但書)
常習賭博罪と区別する目的で、単純賭博罪とも呼ばれる。

賭博とは
金銭・品物をかけて勝負を争う遊戯。ばくち。

参加費を募って(バイイン)賞金が出るような大会もNG
スポンサーが参加費無料のポーカー大会を開いて賞金も主催者から出るのは
問題無いよう。ただ、ポーカーの大会に企業の宣伝のためにスポンサーになることは
現状考えにくい。

バイインとは
プレイヤーがゲームに参加するために支払わなければならない金額。
現金を使ったゲームでは、それはプレイヤーがテーブルに着くために支払う金額を指す。
トーナメントでは、それはプレイヤーが賞金プールに支払わなければならない金額を指します。

そうなると、主戦場は海外となる。

カジノでやっちゃダメなゲームとは?

ちなみに、カジノでやってはいけないものの代表として「ルーレット」と「スロット」がある。

ルーレット

ディーラーが玉をシュッて転がしてカッコイイー!ってイメージ

ルーレットは毎回親の総取りである「0」「00」「000」があり、確率論として、
毎回2.7%~7.7%の確率で負けるギャンブルということ。
1万円かけると270円~770円負ける。
例えば年間1,000万円使ったら、平均的に27万~77万負けます。

ヨーロピアンスタイル 37区分(1から36、0)なら
1/37の確立で負ける(2.7%)
アメリカンスタイル 38区分(1から36、0、00)
2/38の確立で負ける(5.3%)
メキシカンスタイル 39区分(1から36、0、00、000)
3/39の確立で負ける(7.7%

この負ける確率は「控除率」って呼ばれているようです。

1回ごとに控除率分だけ負ける勝負!…ってやるべきではありませんね。

スロットは解析も出てないし、そもそもプログラムを検定する仕組みあるかも不明。
機械割100%を超えていない(超えている根拠がない)。
例えば機械割が95%~99%に変更できるとしても、結局は1,000万使ったとすると、
10万円~50万円負ける。

これもやるべきではない。確率が不明なのが一番ダメ。

例えば、勝てるか勝てないか?の境目(ボーダーライン)という考え方があります。
簡単に言うと、1回3枚のメダル(1枚20円)で遊べるスロットがあるとします。
大当たりの払い出し枚数は30枚。大当たり確率が何分の1以上だったらプラスでしょうか?

1回遊ぶのに3枚で、大当たりのメダルが30枚

30枚 ÷ 3枚 = 10回

つまり、大当たり確率10分の1以下の台があれば勝てる。

そこで、

スロットには「設定」という概念があり、大当たり確率がそれぞれに違います。

設定1 大当たり勝率 1/12 機械割83.3%
設定3 大当たり確率 1/10 機械割100%
設定6 大当たり確率 1/8  機械割125%

つまり1万プレイすると
設定1でマイナス10万円
設定3でチャラ
設定6でプラス15万円

これがわかっていれば勝負できますね。でもこれがわからないと勝負できない。

じゃあみんな負けているのか?

どうやら、そうではないみたいです。

一番勝ちやすいのは?

一番勝ちやすいのはブラックジャックです!

スポンサードリンク

スポンサーリンク