読者の知りたいを加速させる5つのタイトル作成法


読者の読みたい!を加速させる、具体的なテクニックを5つご紹介します。どれも簡単に使えるものをご紹介しています。ですが、多様は禁物!内容と伴っていないと読者にスルーされてしまいます。

なおきんなおきん

東スポくらいのレベルまで到達できればいいのですがw誰かが、東スポは日付以外はウソだ!wと言っていったな。

知りたい!を加速させるタイトル作成法①「あなたの~」からはじめる

「あなたの今の保険、定年までにいくら損するかご存知ですか?」のタイトルが目に入ったら、ドキッとしませんか?「どれくらい損しちゃうんだろう?」って。今まで何となく加入していた「保険」という形のないものにお金を払っている不安に付け込み(笑)、記事に興味を持ってもらいましょう!最後読み終わるまでに、しっかりと幸せにすることを忘れずに!

知りたい!を加速させるタイトル作成法②コンプレックスを刺激する

コンプレックスとは「デブ・ブス・チビ・ブツブツ・ハゲ」の方たちが気にしている、不安に思っている、解決したいと思っている、または全く気にしていなかった人に突き刺さる「知りたい!を加速する」タイトルが付けられれば、そのリターンはすごいものになります!

知りたい!を加速させるタイトル作成法③タイトルの最後を「~の理由・~の方法」にする

「~の理由・~の方法」は、読者の知的好奇心という「知りたい!を加速させる」スイッチになります。手っ取り早く、役立つ知識を身につけたい人の欲望を操作しましょう!(笑)

知りたい!を加速させるタイトル作成法④数字を入れる

数字を入れることで、効果が見えるようになり、より想像しやすくなります。「あなたの記事タイトルが刺さりやすくなる方法」よりも、「あなたの記事タイトルが10倍刺さりやすくなる方法」の方が、より「知りたい!を加速させる」ことが出来ます。ただし、根拠のある数字である必要があります。ウソはいけませんからね!数値化しやすいものを選ぶとよいです。

知りたい!を加速させるタイトル作成法⑤有名なキャッチコピーをパクる

有名なキャッチコピーや書籍名などをパクるのもオススメです。パクるとは言っても、パクるのは「要素」ですよ!例えば前述の「あなたの記事タイトルが10倍刺さりやすくなる方法」で要素を考えると「何が?どれくらい?どうなるのか?」

何が?:あなたのブログが

どれくらい?:10倍

どうなるのか?:刺さりやすくなる

方法(理由)

この、何が?どれくらい?どうなるのか?を入れ替えるだけで、色々なタイトルに使えますね。これは覚えておいて損はありません。巷に売られている本のタイトルも結構このスタイルで名付けられているのがわかると思います。

なおきんなおきん

アンテナ貼って行こーーー!

スポンサーリンク