読まれる記事のタイトルについて


なおきんなおきん

タイトルは素晴らしい本文の内容よりも重要です。なので、記事の内容がどんなに良くても、タイトルが悪いと記事自体を見てもらえません。うまいタイトルがつけにくい場合の多くは、記事自体の切り口に問題がある場合が多いです。

タイトルは本当に大事

記事のタイトルは、記事の内容と同じくらい重要です。(それ以上かも)うまいタイトルがつけられるようになると本文も良くなっていきます。脱線しましたが、読者は記事のタイトルで本文を読むかどうかを判断しているからです。大事です!

もしかして、「本文が面白かったら見てくれるはずだ!」と思う方もいらっしゃると思いますが、どんな素晴らしい内容の記事を書いたとしても、読まれなければただの文章です。価値が無いです。タイトルが重要です。

なおきんなおきん

本文が面白いと思えるのなら、そのエッセンスを最大限にブチ込んだ、魂の記事タイトルを付けようじゃないか!

にわとりが先か、卵が先か

記事タイトルをキャッチーに仕上げて、そのタイトルに沿って本文を書いていくと、ブレない印象に残る記事になります。逆に、本文から書き始めて最後に記事に合ったタイトルを付ける方法もあります。記事が完成してだるまに【目】を書き入れるような作業です。

なおきんなおきん

たくさんの人に読まれるんだぞ。。。(遠い目)

本文を書いている途中にタイトルを変更したり(焦点にしたい部分が変わることもある)タイトルに合わせて本文をいじったりしてもいいですね。でも、あんまりやりすぎると何が書きたいかわからなくなるので、時間をおいて見て見るのもいい方法です。後で見ると粗が見えやすいです。

記事タイトル付けの目からウロコ
商品名を入れがちな紹介記事のタイトルを「生活の場面」を想像できる内容にしてみましょう。昔、トヨタ自動車のクラウンが「いつかはクラウン」とクラウンを手に入れることによるステータスや、優雅なドライブなどを想像させる素晴らしいコピーですよね。記事タイトルも同じで、タイトルを見ただけで、ワクワクっと見たくなるものを付けましょう!

スポンサーリンク